耳をすませば都市伝説!実は自殺を誘発する物語だった…

耳をすませば都市伝説 自殺

 

スタジオジブリの中でも、青春を全面に出した映画として知られているのが、「耳をすませば」だ。耳をすませばでは、主人公であるしずくと天沢聖司が恋に落ちていくという王道のパターンを展開している。

 

そんな爽やかなイメージのある「耳をすませば」だが、良くない都市伝説の存在も確認されている。

 

今回は、そんな都市伝説の中の「自殺を誘発する物語だった」を確認していく。

 

 

自殺を誘発する物語だった

 

「耳をすませば」というタイトルから、何か爽やかなイメージを持つ人は多いと言われているが、そんなタイトルからは想像もできないような、都市伝説が生まれている。

 

その背景には、日常的な世界を舞台にしているということが挙げられる。日常的な世界を舞台にしているということは、観客に対してある程度の「共感」を得ることができるハズだ。

 

それをまさに全面に押し出した映画であると言える。中学時代に誰もが経験をしたことがあるような、甘酸っぱいストーリーとなっているからだ。

 

耳をすませば都市伝説 自殺

 

しかし、映画の中で繰り広げられるストーリーは、日常的な中でも、非現実的な要素が散りばめられている。それらが観客の中に劣等感を生じさせていると言われているのだ。

 

その、あまりにも現実離れをしている設定とはどういったものだろうか?

 

まず、天沢聖司はイケメンでヴァイオリンが作れる。そして、シャイだけど好きになった子には尽くし、愛情をかける一面を持っている。

 

性格が"難"であると最初はしていながらも、少しずつ心を開いていく姿を描いている。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポニョ都市伝説 → 息子への隠されたメッセージ

 

この天沢聖司は、ヴァイオリン作成の修行の為にイタリアへ行くことを決意する。そして、しずくに、「帰ってきたら結婚してくれないか」とお願いし、約束をする。こんなことは、日常生活では起こることは少ない。

 

日常的な世界を舞台にしているはずなのに、観ている観客の中では誰も経験したことの無いようなストーリーとなっている。ここに観客の中には自分の人生と比較してしまう人が続出したそうだ。

 

自分の人生が味気なく、すごくつまらない時間を過ごしてきた劣等感を抱くことになる。それがやがて絶望に変わり、「自殺」へと追い込まれた人も少なくないのだそうだ。

 

「耳をすませば」の映画が、実は「自殺誘発」をしていると噂されており、都市伝説となっている。

 

これはあくまでも都市伝説なので、本当に自殺をしたのかまでは把握されてはいない。

他にもこんな都市伝説が読まれています

ストーカーしている物語
耳をすませば都市伝説「ストーカーしている物語」耳をすませばの都市伝説の中のひとつである、「天沢聖司ストーカー疑惑編」について確認していきたい。この都市伝説が誕生したキッカケは…