魔女の宅急便の都市伝説!宅急便をめぐる問題…

魔女の宅急便都市伝説,アニメ都市伝説

 

ジブリ作品の中でも大人から子供までが楽しめる作品として有名なのが、「魔女の宅急便」である。この映画の素晴らしいところは、主人公が成長していく中でも、思春期をしっかりと伝えることで、観ている人の中にある種の一体感を感じてもらえることにある。

 

そうしたことが相まってこの映画は人気となったのである。そんな魔女の宅急便には色々と都市伝説が存在する。

 

そんな都市伝説の中でも今回は「クロネコヤマトと宅急便の関係」を見ていこうと思う。

 

 

クロネコヤマトと宅急便の関係

 

魔女の宅急便をご覧になった人なら知っていると思うが、最初は魔法使いの修行として、親元を離れて修行をするつもりであった。

 

修行と言っても何をすれば良いのか分からず、見知らぬ街でさまよっていると、優しいパン店主夫婦が助けてくれて居候をさせてくれるようになった。

 

パン屋の仕事を手伝っている中で、そのパンを届けるのに自分の空を飛ぶ魔法がとても効果的であることを知ったので、それを利用することになったのだ。それにより、宅急便のような仕事をキキがするようになった。

 

これにより、「魔女の宅急便」という題名が出来上がったのだ。ただ、この題名には大きな問題があるとされている。

 

魔女の宅急便都市伝説,アニメ都市伝説

 

それが今回の都市伝説になっているのだが、「宅急便」というのは、ご存知の通りクロネコが商標登録をしている。

 

商標登録を使っているものは、無断で利用することはできない。その企業にとっては独占できる名前なので、とても意味合いが強いのだ。

 

本来はどういった流れで利用するに至ったのかは不明だが、都市伝説としては、スタジオジブリがお願いすると二つ返事で快く承諾してくれたとのことだ。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

火垂るの墓都市伝説→火垂るの墓都市伝説 → 死んだ節子は駅で兄を待っていた

 

確かに、相手からしてみれば、自分のところの商標の名前が売れるので良い宣伝にもなるし、ジブリということで大きな効果が期待できるという部分を狙っていたのではないか?とされている。

 

この部分に関しては都市伝説なので、必ずこうしたということではない。ひとつの噂として、クロネコの商標を考える時にどうしたのかということが噂されているだけなのである。

 

ただ、魔女の宅急便の映画の中では、キキはかなり乱暴に荷物を扱っていたので、「これが、配達業界の常識なのか?」と疑う人も出てきたと言われている。

 

多少は乱暴にしているかもしれないが、あくまでも映画の中のフィクションの話だ。そこまで考える必要はないのではないか?との声も聞かれるなど、この部分に関しては懸念を出す人もいるほどだ。

 

それだけ、魔女の宅急便が多くの人に知られているということを意味している。

他にもこんな都市伝説が読まれています

キキが突然飛べなくなってしまった理由
魔女の宅急便の都市伝説「キキが突然飛べなくなってしまった理由」魔女の宅急便には物語内である"変化"を感じさせる場面がとても多いと言われている。今回は、魔女の宅急便の都市伝説の中の「成長編」を見ていきたい。