猫の恩返しの都市伝説!作者が過去に経験した物語だった…

猫の恩返し 都市伝説 物語

 

猫の恩返しというアニメーションをご存知だろうか?この映画を観たことがある人は、何か違和感を覚える人もいたという。その違和感とは「どこかに出てきたキャラクターがいる」というものである。

 

実は、猫の恩返しに出てくるキャラクターは、「耳をすませば」にも出演していることが言われている。バロンやデブ猫といった主要なキャラクターが出てきていることで、ファンの間では様々な憶測が流れている。

 

そのようにして、都市伝説が誕生した。今回は、その都市伝説の中にある、「作者が経験した物語だった」を見ていきたい。

 

 

作者が経験した物語だった

 

猫の恩返しの主人公は月島雫と呼ばれる女子高生である。その女子高生が猫の世界に行くというのが設定になっている。

 

映画の中では、女子高生は非常に感受性が豊かであると表現されている。そして、本を読むことも、書くことも好きな女子高生という設定だ。

 

この設定自体もどこか似ているところがあるのが、「耳をすませば」だ。

 

ここでも、バロンやデブ猫が出演していることといい、女子学生がメインの映画となっており、全体の雰囲気も似ていると思う人が多い。それもそのはず、この2作品とも原作者が同じである、柊あおいさんと呼ばれる人だ。

 

猫の恩返し 都市伝説 物語

 

特に何かコメントなどをしている訳ではないが、明らかに同じキャラクターを出してきているということは、メッセージ性の強いジブリ作品であれば、リンクしていると思われても仕方がない。

 

そこで、ファンは色々と議論をすることになる。「この作品は何か違うカタチでのメッセージが込められているのではないか?」などという発言も相次いでいた。そこで誕生したのが、今回の都市伝説である。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

魔女の宅急便 → キキが突然飛べなくなってしまった理由

 

その中身は、主人公の月島雫が大人になり、小説家となった。その時に、自分が昔経験した物語を小説にしており、このストーリーはその小説の中で描かれているものではないか?と言われている。

 

実際に原作者の柊あおいさんは何もコメントはしていないので、意図は不明だ。

 

ただ、そう思われるようなメッセージを残しているのが、「猫の恩返し」でもある。こうして、「猫の恩返し」の都市伝説は誕生したのだ。

 

多くの人が感じることとなった、「耳をすませば」とのリンクしているような感覚は、もしかしたら正解なのかもしれない。

他にもこんな都市伝説が読まれています

猫の恩返しと耳をすませばの共通点
猫の恩返しの都市伝説「猫の恩返しと耳をすませばの共通点」が誕生したキッカケは、「耳をすませば」という同じスタジオジブリのアニメーションに出てくるキャラクターと同じなのでは?と感じる人は多いのではないだろうか。