魔女の宅急便都市伝説!キキが飛べなくなってしまった理由…

魔女の宅急便都市伝説 キキ

 

スタジオジブリのアニメーションの中でも一番好きだという声が多いのが、「魔女の宅急便」ではないだろうか。主題歌とストーリーがマッチしていて、大人でも子供でも楽しむことができる世代を超えた作品であると言われている。

 

ただ、魔女の宅急便には物語内である"変化"を感じさせる場面がとても多いと言われている。女の子が成長していき、女性へと変化していく場面などがその代表だ。それらが、都市伝説として語り継がれているのである。

 

今回は、魔女の宅急便の都市伝説の中の「キキが突然飛べなくなってしまった理由」を見ていきたい。

 

 

キキが突然飛べなくなってしまった理由

 

魔女の宅急便の主人公のキキは、魔法使いの見習いとして訓練をしていた。その後は修行ということで、違う街へ黒猫と一緒に旅たつところからスタートする。

 

その段階ではまだまだ幼い「女の子」としての扱いであった。それは物語が進む中でも感じることができる一幕だ。

 

おてんばであり、ちょっとあわてんぼうとなっているのである。ツンケンしたり優しくしたりと感情の起伏が激しいのが最初のイメージとなっている。ただ、その後は急激に異性を意識し、女性らしくなっていくのだ。

 

これは、宮崎駿監督が好む手法と言ってよい。過去のジブリ作品の中でも、物語を通じて、主人公の気持ちに変化を出したり、成長させていくことを描くことが好きなのだ。

 

魔女の宅急便都市伝説 キキ

 

この魔女の宅急便の中でも、キキは物語が進むにつれて成長している。これは、観る人の心境も多少は影響しているものだ。

 

さらに、短いアニメーションの世界の中で、時間の進行というものを織り交ぜることはとても難しいとされている。

 

それを実現することができたということで、現実的なものとの錯覚を観ている人に与えることになる。魔女の宅急便は、それがあるからこそ世代を超えて愛されていると言われているのである。

 

さて、この手法を用いることで、キキは女の子から女性へと変化していく。それが如実に表れたのが、突然飛べなくなってしまった場面である。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ナウシカ都市伝説 → ナウシカは人造人間だった

 

ここが女性へと変化したことを伝える場所だとされている。

 

一番有力な都市伝説としては、初潮が来たことにより、女性へと変わっていったというものである。

 

この都市伝説があるからこそ、物語の中身をより深く理解することができるとされている。

 

とても有名な都市伝説なので、裏側の意味として浸透している場合が多い。

他にもこんな都市伝説が読まれています

クロネコヤマトと宅急便の関係
魔女の宅急便の都市伝説「宅急便編」魔女の宅急便には色々と都市伝説が存在する。そんな都市伝説の中でも今回は「宅急便編」を見ていこうと思う。