となりのトトロ都市伝説!恐怖の狭山事件…

となりのトトロ都市伝説!恐怖の狭山事件…

となりのトトロ都市伝説 狭山事件

 

知らない人はいないと言われているジブリアニメ「となりのトトロ」。多くのファンがいることでも知られている。子供の頃に見た人、大人になってから見た人も多いのではないだろうか?感動的な話だが、どこか不思議な雰囲気も出してくれている。

 

そんな、となりのトトロだが、ちょっと怖い都市伝説があることをご存知だろうか?その中の1つの都市伝説を今回はご紹介したいと思う。

 

 

となりのトトロ都市伝説 恐怖の狭山事件

 

都市伝説を確認する前に、知っておきたい情報として、となりのトトロの舞台となった場所は埼玉県所沢市である。

 

ここは、東京に一番近い市ということで、大変賑わっているところだ。しかし、郊外に出ると、そこには緑豊かな風景が広がっている。

 

まさしく、自然と都会が一体になっている不思議な場所である。

 

舞台となった所沢市の「となりの」市で、ある事件が発生した。それは1963年5月に発生している。

 

埼玉県狭山市で少女が犠牲者となった強盗強姦殺人事件である。となりのトトロは、この事件の影響を受けたとされているのだ。

 

となりのトトロ都市伝説 狭山事件

 

この事件は、通称「狭山事件」と呼ばれており、その当時は、日本全体にニュースが届くなど大きな反響を呼んでいた。

 

実は、となりのトトロの監督である宮崎駿氏は、1964年にアニメーションの世界に入っている。「狭山事件」の1年後となる。

 

ここまでは、ただの偶然程度で片付くかもしれない。事件が発生してから数日程度ではなく、1年の期間が空いているからだ。

 

しかし、ここからが都市伝説と言われる所以である。となりのトトロに出演している子供2人の名前をご存知だろうか?「メイ」と「サツキ」である。

 

続きます・・・

 

スポンサーリンク

 

ポニョ都市伝説 → 死後の世界という決定的な証拠が流出

 

狭山事件が発生した時は、1964年の5月だ。

 

そして、「メイ」は英語で5月を意味し、「サツキ」は日本語で5月のことを表している。これは偶然だろうか?

 

アニメーションに入ったきっかけというのも興味深い。宮崎駿監督作品を見てみると、世間に問いかけるメッセージ性の強い映画が多いと言われている。

 

それだけ、狭山事件に大きな影響を受けた宮崎駿監督が、「となりの」狭山市で発生した事件を風化してほしくないという願いから、「となりの」トトロを制作したのではないか?と言われている。

 

こうしたことから、都市伝説が誕生したのだ。

 

また、ジブリがトトロに関しての都市伝説を否定する発表をしたのも、5月のことである。こうした一連の流れからして、「となりのトトロ」は「となりの」狭山市で発生した、事件に大きく影響を受けたものだとされている。

スポンサーリンク


眠れないほど面白い:都市伝説




ジブリ都市伝説


アニメ都市伝説


【恐怖】となりのトトロの都市伝説【動画】


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加    




他にもこんな都市伝説が読まれています

実はサツキとメイは死んでいた…
となりのトトロ都市伝説。となりのトトロには数多くの都市伝説があるのをご存知だろうか?その中でも一番信憑性が高いと言われている「母親の不思議編」の都市伝説を確認していきたいと思う。
トトロは死神だった
となりのトトロの都市伝説。となりのトトロだが、都市伝説が多く発生していることでも有名である。今回は、その都市伝説の中でも定番の「トトロは死神だった」を見ていきたい。
死後の世界で地獄巡りをする物語
となりのトトロ都市伝説。となりのトトロに、幻の原作小説があったと言われている。それが今回ご紹介する、となりのトトロの都市伝説「死後の世界で地獄巡りをする物語」である。
全ては父の妄想だった
となりのトトロの都市伝説。となりのトトロだが、数多くの都市伝説が報告されている。今回は、その中のひとつである「全ては父の妄想だった」をご紹介したいと思う。